スポンサーサイト

.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

残虐記

.14 2007
小説「残虐記」も読み終りました。
これやっぱりフィクションだったのね〓

女性作家がある日突然、自分が幼い頃約1年間に渡って監禁されていたという手記を残して姿を消してしまうところから始まるお話。

当時の生々しい記憶と、事件解決後の彼女の心の動きが綴られていく。

なかなか引き込まれはしたものの、結局謎だらけのまま終わってしまったので、読み終ってもなんだかモヤモヤしますね〓
結局どうなったんだろう・・・と。
私的には推理小説のようにちゃんと最後には謎が全て解けるほうが性にあってるのかも〓
想像力が乏しいのかもね〓
でもなんか、登場人物の言動とかはすごくリアリティが感じられました。

ただ、この作家さんの作品は初めて読みましたが、なんとなく違和感を感じる表現がところどころあったのが印象的。
いつもは「この表現ステキ〓」とか自分では思いつかない表現によく出会うんだけど、今回は逆に「この表現は考えすぎじゃないか〓狙いすぎじゃないか〓」とか生意気ながらに感じるところがあり、それがまた意外で新鮮でした。

さて、次は何読もうかのぅ。
面白いのないかなぁ〓

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://mkmusic.blog7.fc2.com/tb.php/738-044d3d11

プロフィール

コタキマキ

  • Author:コタキマキ
  • 歌うたいのコタキマキです。
    HP「妄想Roll」には私の歌や画像満載なので、そちらにも是非遊びに来てね!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。