スポンサーサイト

.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

婦人科で大ショック

.26 2007
気になる症状があり、本日、婦人科へ行きました。
問診を受け、診察台に上がる。
これはもう昨年末の婦人科健診で経験済みなのであまり抵抗ございません。
しかも今回も女性医師の病院だし。
健診のところとは別の病院だけどね。


で、診察の結果、軽く炎症起こしてたみたいだけどそれももう回復してるみたいで、一応お薬を入れてくれました。
一安心。一安心。


と思ったのも束の間。
「健診の時なにも言われませんでした?」と突如、先生。
私:「いえ。なにも


「子宮内膜症かもしれませんね。」


「左の卵巣がひどく腫れてるんですよね~。」と言うと、私から見える画面に、エコーの画像が映し出された。
目を疑うほどに大きさの異なる左右の丸いかたまり。
「片方は拡大して映してるんじゃなくて」って思うほどの、この数倍にもなる卵巣はなにごとか


気を取り直して再度問診室へ戻り、先生の所見を聞く。
やはりまずは「昨年の健診ではなにも言われなかった?」と。
うぅぅ 見落とされてたの??

しかしながら、よく名前は聞くものの、「子宮内膜症」とはどんな病気だったか?
先生に聞くと「本来は子宮の内側にのみできる子宮内膜が、子宮以外の別の場所にできてしまうもの」らしい。
で、これが生理周期と一緒にその場所で剥離出血を起こすわけだけど、子宮内のそれのようには外に排出されてかないのよ。
だからその場所に血がたまってゆくのです。
毎月毎月どんどんたまってゆくのです。
あぁぁぁ 恐ろしい。
しかも、調べてみたら、この病気って不妊との関連が結構深いような
やだ やだやだやだ。妊娠できなくなるなんてやだよぉ
赤ちゃん欲しいよ。
旦那さんにも私の赤ちゃん抱いてほしいよ。
それが原因でまた結婚が遠のいたりとか・・・。
あぁ よくないことばかり考えてしまう


不妊までいかないにしても、特徴的な症状としては、生理時の腹痛腰痛、生理時以外の腹痛腰痛、そして場所によっては排便痛や性交痛も伴うらしい。
やだよぉ やだよやだよぉ
鎮痛剤も効かない私の生理痛の原因はまさかこのせいだったのか、とか思いつつ、そういえば最近生理時以外でも生理痛に似た痛みが軽く・・・とかも思う・・・。
あぁ でも認めたくない。
だってこれ「治らない病気」とも言われてるんだよ。
あぁ やだ こわいこわいこわい。こわいこわいこわいよー。


しかも卵巣にできる「のう胞」、あまりに大きくなると破裂することもあるらしい。
その時は強烈な痛みも伴うらしい。
私のあのデカさは相当なものではないのか。
結構ギリギリなとこにあったりはしないんだろうか。
うぅぅ こわいよぉ。たすけてぇ


一応まだ断定はされておらず、一週間後にまた経過を診てもらうことになってます。
そこで腫れが小さくなっていればまぁ大丈夫だろうと。


うぅぅぅ 神様ぁ どうか御慈悲をぉぉ~

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://mkmusic.blog7.fc2.com/tb.php/693-7cad17c5

プロフィール

コタキマキ

  • Author:コタキマキ
  • 歌うたいのコタキマキです。
    HP「妄想Roll」には私の歌や画像満載なので、そちらにも是非遊びに来てね!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。