スポンサーサイト

.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ハシゴ

.16 2012
今日は雨の中、姉と二人でお墓参りに行ってきた。

親なしで行くのはお初。

以前に、母方のお墓の近辺までデートに行ったとき、ついでにお墓参りしてこうと思ったことがあったんだけど、結局迷いに迷ってたどり着けなかったんだよね

なので今回はちゃんと地図を用意して行ってきたよ
母方のと父方の2ヶ所に行ってきたさ

更に母方の祖父母の隣にははひいおじいちゃん達のお墓も並んで建ってるので、そちらもお墓磨いてお花供えて「はじめまして。曾孫です。」とか挨拶してきた。

が、家に帰って母にその旨報告すると
「あそこはひいおじいちゃん(もしかしたらおじいちゃん)の兄弟のお墓だよ」
とか言われた

「曾孫です」なんて嘘ついちゃった
ま 親戚だからいっか

母方の祖父母は私が生まれる前には既に祖父は亡くなっており、祖母も私が小さい頃に亡くなってしまい、一度病院にお見舞いに行った記憶も微かにあるものの、残念ながら顔すらあまり覚えていない。
小さい時に一緒に写ってる写真が一枚だけあったかな・・・

一方、父方の祖父母は私が社会人になるまで健在だったが、正直あまりうちの兄弟はなついておらず・・
大きくなってからはつい疎遠になってたかな

なので、おじいちゃんもおばあちゃんもあまり私達のことは可愛く思っていなかったかもしれない。とか私はずっと思ってきた。

だから今日うちらが二人だけで会いに行って驚いてるだろう。

「今更なにを
とか思ってるかも。

それか、もはやうちらの顔さえ覚えていないかもしれないな。

まぁそれでもいいや。
今まであまりにほったらかしにしてきたので、これからは定期的に来るようにしようと思う。

もう場所もしっかり憶えたしね

それに、地図で場所を教えてくれてる時の両親がちょっと嬉しそうにも見えたので。
そりゃそうだよね、オトンやオカンにとっては自分の親だもんね。
忘れられて大事にもされなかったら悲しいよね。

最近はお盆にさえ一緒にお墓参り行かなくなってしまっていたので、あることをきっかけに、「二人でお墓参り行ってみよう」と提案したんだ。
ホントは姉の旦那さんも紹介出来たらよかったんだけど、今日は仕事だったので。

ご先祖を大事にしようとか言える立場の人間ではないけど、でもなんか、お墓参りしたことで気持ちがスッキリしたというか、姉も、ちょっと言い方悪いかもしれないけど、「気休めにはなった」と言ってくれたので、今回行ってよかったなと思った。

おじいちゃんおばあちゃん、こんな孫ですが、また会いに行きます

うんうん、墓参りか~
それは良いことでしたね。
歳を重ねるに連れよく思う。。。
墓参りは生きている人のものだと。

言い方は悪いが、死んだ人はもう何も感じられない。
では我々はなぜ墓参りするのか?
死んだあとどうなるのかを気にするのか?

それは生きている人にとって必要だから。
生きている人の気持ちを整理するのに重要だから。

今、自分はどんな人間で、どんな人生を歩んでいて
周りにどの様に作用しているのかを見つめたいから。

自分がより良き人生を全うするために祖先は死んで
からも手を貸してくれている。
ありがたいことです。

人生の幕が降りる、その瞬間まで良き人でありたい。
そう思います。
2012.06.18 01:20 | URL | ミヌマックス #Cv0fWaNM [edit]
確かに。
気持ちを整理するためってのは分かる気がする。
ご先祖さまは貴重な存在ですね。
2012.06.21 21:03 | URL | コタキマキ #- [edit]

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://mkmusic.blog7.fc2.com/tb.php/1411-79d77def

プロフィール

コタキマキ

  • Author:コタキマキ
  • 歌うたいのコタキマキです。
    HP「妄想Roll」には私の歌や画像満載なので、そちらにも是非遊びに来てね!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。