スポンサーサイト

.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

入院2日目④

.26 2010

あれから予定どおり15時に手術室入りしました。
先生たちが4人ほど待ち構えていて、台車から手術台にズリズリとお尻を滑らせるように自ら移動しました。

それからヘアーキャップを被せられ、腕や胸に色んなものペタペタ貼って、ふくらはぎにはシューシュー圧迫するやつ付けられ、酸素マスクをはめられて
「点滴から麻酔入りますよ~。少ししみるかもしれませんからね~。」
という声。
肥後先生

で、そこから次に目を開けた時には
「コタキマキさ~ん、終りましたよ~」
という声。

微かに目を開けるも、ぼんやりして何も覚えてない。

ここからは断片的な微かな記憶だけど、全身がガタガタひどく震えてて、電気毛布にグルグルに巻かれた状態で病室に戻ってきたっぽい。
時々母や看護師さんの声が聞こえるがあまり理解できず。
「寒いね 寒いね もう少ししたら温かくなるからね」
と言いながら血圧と体温を計ろうとするものの、震えがひどくて計れないらしい
聴診器かなにか「ダメだ全然聞こえない」とか言う看護師さんのセリフはよく覚えている
あと 体を触っては「まだ冷たいな」って言ってたのも覚えている。

でもその後もなかなか震えが治まらず、腕がね、ホントにぶんぶんぶんぶん揺れててね、お笑いのおじいちゃんコントでわざと見せるあんな揺れどころじゃないのよっ
歯もずっとガチガチ言ってるし、酸素マスクしてても呼吸がうまく出来なくてゼーゼー言っちゃうし、
「凍死しかける時ってこんな感じなのかな~」
なんて考えてみたり

ただね、それを傍で見てた母には悪いことしちゃったな~とか思うよ

途中看護師さんが一斉にいなくなっちゃって、そん時にまた私の呼吸や震えがひどくなっちゃったもんで、オロオロ動き回ってる気配を感じた。
看護師さんが戻って来ると、
「ナースコールボタンはないの
って母が聞いてて、看護師さんが
「ボタンはね、毛布の中で本人に握らせてて、何かあったら押すように言ってあるから」って。

えーそうなんっ
聞いてないよー
とか私心の中で思ったけど、確かに夜中に「なんじゃコリャ」って気付いたら毛布の中にボタンがあったので、ボケボケして覚えてないだけだったんでしょう

でもその後も何度か母に声掛けられて、ぼんやり母の顔は見た気はする。
で、何時だか、母が帰る時に、私が預けていたセーフティボックスの鍵を私の右手首にはめていったのを、これまた夜中に気付いた
そういえば「コレここに巻いとくからね」って言われたような気も・・・

話が逸れましたが、血圧もだいぶ下がり、冷えてたと思った私の体は今度は38℃代の熱を出し、看護師さんたち今度は熱を下げるのに格闘して下さいました
その後も数時間おきに血圧・体温測定や点滴チェックに来て下さいました。
途中、熱が下がったところで痛み止めも追加してもらったな。

そうそう 喉頭鏡を使った全身麻酔だったもんだからね、声がなかなか出なくてさ~
辛うじてガサガサした声がちょびっと出るくらいだから、母ともうなずくくらいでほとんど会話してなかったな。

でも声は夜中2:30くらいだろうか、寝起きっぽい声だけど普通に出るようになった。

そうそう
せっかくさ動けない状態の時に何にでも手が届くようにと、ベッドの手すりにS字フックで色々ぶら下げてたのに、術後ベッドに運ばれた際にちょうどその右側の柵を外されてしまって
更にはサイドテーブルも届かない位置に追いやられ・・・

夜中気付いてみた時には、ティッシュやらウェットティッシュやらミラーやらケータイやら、手に取りたい物が遥か遠くに
辛うじて目薬とリップクリームだけは頭の柵にぶら下げといたので無事だったが

しかも、暗いとこでも見える置き時計まで、何故か角度が変わっていて、時刻確認取れず

この日の為に用意したのにな
大失敗だあぁぁぁー

時計が見えないので看護師さんが来る度に聞いたりしてたけど、さすがに夕方から眠りっぱなしだったから、23:30くらいから2.3時間おきに目が覚めてたよ
部屋が暗いと時間の感覚なくなるよね

さて 長くなったので今回はここまで
まったね~

お疲れさん
とりあえず無事の帰還、おめでとう

麻酔後は冷えが来ることが多いので、ブルブルになったのでしょう
その後の発熱もあり、余計に寒い(体温と外気温の差)と感じた
ようですね。

母上もさぞ心配されたでしょう
女性特有の手術なので余計に。
母上の心境、ご察し致します

しかし準備万端の割には、術後のベット環境の情けない
状態はコタキらしくて、なかなか笑えますw

とりあえずゆっくりと静養してください。
うちの嫁さんも術後からの回復には少し時間が掛かりました。
※うちの場合は「腹を開けた」ので、今回のケースとは違うと思いますが。

最後に・・・
無事でよかった!!
2010.08.26 14:03 | URL | トダンナ #DoQkBjIU [edit]

  • URL
  • comment

  • password
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://mkmusic.blog7.fc2.com/tb.php/1263-a2925097

プロフィール

コタキマキ

  • Author:コタキマキ
  • 歌うたいのコタキマキです。
    HP「妄想Roll」には私の歌や画像満載なので、そちらにも是非遊びに来てね!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。